初級・葉っぱコース第2回「葉っぱの形態学(形と役割)」

こんにちは!大澤と近藤です。

今回は葉っぱコース第2回「葉っぱの形態学(形と役割)」の模様を、サイエンスを中心にお届けします。

第2回は葉っぱの特徴と役割について学んでいきます。
葉っぱには葉身、葉縁、葉肉といった部分がありますが、今回は葉脈に着目して実験とプログラミングに取り組みました。

サイエンス編

葉脈の不思議をたどるサイエンス編では、実験を2つ行いました。
まずは教室にあるキッチンを使った実験です。

dsc08257
まるでお料理のようなサイエンス。
dsc08260
そして何やら葉っぱをぐつぐつと煮ています。

実はこちら、葉脈の標本を作っているのです!温めた溶剤で葉っぱを柔らかくしている真っ最中。
初めての経験に子供たちも興味津々です。

dsc07396
キッチンの周りに集まって実験中。
dsc07400
自然と期待も高まります。

葉っぱの色が変わったら、いよいよ葉脈を取り出します!

dsc08277
緑色だった葉っぱがこんな色になりました。

ビニール手袋をはめ、歯ブラシで優しく葉肉を落としていきます。
力加減に気を使う実験だったので、いつも元気な子供たちも黙々と取り組んでいました。きれいに葉脈だけ残せるかな?

dsc07412
本格的な実験!研究者になった気分です。
dsc07402
繊細な作業だからか、みんな真剣…!
dsc07408
おお!ちゃんとできてきた!

 

葉っぱを煮ている間に、もうひとつ実験をしました。
食紅で赤い色を付けた水に葉柄を浸しておくと、水が通る部分が赤く染まっていきます。その様子をみんなで観察しました。

dsc08268
赤く染まった葉っぱの断面はどうなっているんだろう…と新しい疑問が。
dsc08265
「葉脈って本当に水を運んでいるんだね」と子供たちに人気の実験でした。

 

プログラミング編

プログラミング編では、第1回目で自分がつくった葉っぱに「葉脈」をつけていきます。

_DSC1349
自分の描きたい葉脈を相談中

線をひくだけじゃないか、と思いきやこれが結構難しい…!
思い通りに葉脈を描くためには、
葉っぱの形に合わせて、葉脈の分かれる位置や角度を変えなければならないからです。

_DSC1361
プログラミングも観察!試す!の繰り返し

どの子も自分の葉っぱと向き合って、一生懸命に取り組んでいました。
最後は、今日の内容と感想をワークシートにまとめました。みんな、お疲れ様でした。

 

子ども達に感想を書いてもらいました。一部ご紹介します!

◆サイエンス編の感想

  • おもしろい葉っぱの事をよくしれた
  • 学校でやったときよりくわしいところまでやって勉強になった
  • ひょうほんづくりがいがいとかんたんだった
  • 興味がつきず、学校では習わなかったところを知れて楽しかったです

◆プログラミング編の感想

  • 前回とはちがう要素が出てきておもしろかった
  • 調せつしたいことが多く、時間内に終わりませんでした。家でゆっくりやりたいと思えました。
  • おくがふかい!ふかすぎる!
  • くろうしたけどたのしくおわれてよかった。

次回、葉っぱコース第3回目の更新をお楽しみに!