初級・葉っぱコース第1回「葉っぱの分類学 (仲間分け)」

こんにちは。ラッコラの中田です。
ラッコラの葉っぱコースが始まりました!
みんなで葉っぱをテーマに、サイエンスとプログラミングに取り組んでいきます。

10月14日(土)に開催された、第1回の様子を報告します。

サイエンス編

コースの初回なので、お互いに自己紹介をしました。 
木曜日クラスから来たお友達、土曜日クラスに来ていたお友達、新しいお友だち、ティーチングアシスタント(TA)のお兄さん達、みんなでスタートです!

たくさんの葉っぱから、自分でオリジナルのグループを作りました。
どんな特徴に注目するかは自由です。

迷いながらグループを決めていました。
これは黄色という「色」に注目したグールプ

オリジナルのグループ分け「分類」に挑戦した後は、好きな葉っぱを1枚選んで、葉っぱの図鑑を使ったグループ分けをしてみました。

図鑑に書いてある「葉に切れこみがある/ない」、「ふちにギザギザがない/ある」などの特徴に順に注目して、自分が選んだ葉っぱはどのグループに分けられるか調べました。

そして、自分が選んだ葉っぱの木の名前を確認して、サイエンス編は終了です。

プログラミング編

ラッコラでは、毎回のプログラミング編の最初に、その日に使うプログラムの観察をします。 

張り出したプログラムをみんなで観察しています。
プログラムの一部を変えたらどうなるでしょうか?

「関数」ってなに?
最初は、わからなくても大丈夫!
繰り返しやっていくので、わかるようになっていきます。

いよいよパソコンに向かって、自分でプログラムを変えていきます。
この日の目標は、自分で選んだ葉っぱの形を描くこと。

どうやったら自分が選んだ葉っぱの形になるかな。
TAのお兄さんもアドバイスしてくれます。
選んだ葉っぱを重ねて確認中です。

複雑な形の葉っぱを選んだ子が多く、苦戦しましたが、最後まで諦めずに頑張りました。

最後に子供たちの感想を紹介します。

<サイエンス編>
・葉をさがすのは大変だったけど、楽しかったです。
・はっぱがいっぱいあってえらぶのがむずかしかった。
・よくはっぱのしゅるいをしれてよかったです。

<プログラミング編>

・うまくくきみないな物を作れた
・自分の思う形ができて、よし!!と思いました。
・プログラミングは、むずかしかったけど楽しかった。とくにむずかしかったのは、カエデのもう半分を作ること。

次回は、葉っぱをさらに観察していきます!お楽しみに!